スウェーデン家具のデザインの魅力

9万5千100個もの湖を持っており、国土の半分が森林に覆われている美しい国です。そのためスウェーデンは森と湖の国と呼ばれており自然が豊富な美しい国として世界に知られています。メーラレン湖に浮かんでいる首都・ストックホルムでは、青々とした紺碧の湖と旧市街のコントラストが、とても美しく、世界で最も美しい首都と言われるほどです。

産業は、ボルボやサーブなどで知られる自動車産業や、世界的に有名なコスタ・ボダなどのガラス製品、さらには、グスタフスベリやロールストランドなどが有名な伝統ある陶器窯が盛んで、新らしいものと古いデザインがバランスよく共存しているのが特徴です。日本にも進出している有名な大手北欧家具メーカー「イケア」もスウェーデンの企業です。

スウェーデンの知識

スウェーデンの総面積は約45万km2と大きく、スカンジナビア諸国の中では最大の面積を誇っています。北東にはフィンランド、北西にはノルウェー、南西にはデンマークの国境に面しており、東はボスニア湾とバルト海に面しています。東側がすべて海のため、約2700kmもの長い海岸線を有しています。さらに、国土の半分ほどが自然のまま残されており、深い森林や、約9万もの湖沼があります。

長年にわたる社会民主労働党政権の下で構築された社会保障制度が整っており、税金制度や高齢者福祉など、社会政策が各国の注目を浴びています。また、近年、実質経済成長率、国民一人当たり GDP成長率が社会民主労働党政権の下においてのみ上昇して、失業率、消費者物価上昇率は減少していて、OECDと比較しても優秀な国といえます。

スウェーデンは、「社会科学の実験国家」だとも言われていいて。時代状況の変化に対応し、実に簡単に法律が変更されるという日本から見るとありえない国です。そのため、スウェーデンの研究は絶えずこの変化を追いかけており、変更された意図を正確に捉え、その目的と意義を探らなければならないため、国民は低所得者であっても一定レベル以上の生活をすることが保障されているというすばらしい国で、このような制度がよいデザインの家具を生み出しているといえるかもしれません。

スウェーデンの大手家具メーカー「IKEA」

スウェーデン家具といえば、やはりイケア(IKEA)でしょう。イケア(IKEA)家具は、スウェーデンの大手家具店で。名前の由来は、「I」は創立者のイングヴァル・カンプラード、「E」は彼が育ったエルムタリッド農場、「A」は彼が育ったエルムタリッド農場アグナリッドの町の略になっています。

イケア(IKEA)は、当時17歳だったイングヴァルが設立した安売り雑貨店が元になっていて、当時は需要があれば何でも取り扱う店でした。そしてこの雑貨屋が、後に地元の家具店と契約してベッドのタイプや種類を豊富に取り揃え格安販売に集中したことでイケアが生まれます。

イケアの家具の画期的な所は、家具がパーツに分解でき、自分で後で組み立てるようにして、車のトランクに簡単に積んで帰られるようになっていることです。さらに、流通や梱包、製造などのコストを徹底的に削減していて、買った家具もお客自身が自分で運ぶようにする、そのための、従業員を減らして人件費を削減するという方法をとるなどの経費削減によってその安さを実現しています。

このような安さで人気を博したIKEAは、1960年代頃から、地元のスウェーデンだけでなく、ヨーロッパの各地に進出し、ノルウェー、スイス、フランスなどの国でも、絶大な人気を獲得してきました。さらに、アメリカやカナダ、中国やオーストラリアなど世界各地に進出し、各国での店舗のオープンを成功させていきます。ソファのスタイルや種類も非常に豊富です。

価格の安さの他にも、IKEAは、環境問題にも配慮しており、トラック輸送を廃止して、わざわざ自前で鉄道を用意して資材を運搬しています。また、家具に使う木材にも大変なこだわりがあり、熱帯雨林で伐採された木材は使わず、今、話題になっているシックハウス症候群の原因となりうる合板に対する、ホルムアルデヒド放出量の基準値の徹底など、積極的な環境問題への取り組みをおこなっています。このような、家具そのもののリサイクルなど環境問題への対策も現在のIKEAの人気の原動力になっていると思われます。

魅力は北欧家具のデザイン性と安さが同居しているところで、北欧だからといって、高級家具店ではなく、割安が売り物の家具店になのに、センスが良く品質もしっかりしているのは大きいと思います。一人暮らしの方でもベッドを激安で購入出来るのは大きいですよね。

Valuable information

Last update:2015/2/25


北欧家具を知ろう

国別の家具の魅力

その他