北欧家具が生まれた背景

北欧とは一般的にデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの5か国を1まとめにした言葉です。その中でも北欧家具で有名なのはデンマークとフィンランドということができるでしょう。

これら北欧の国々の共通点は、自然によって生活を大きく左右という背景があるということです。緯度の高い北欧の国々では、自然は人の暮らしを脅かす、畏怖の対象とされてきたのです。しかしその一方で、自然は美しさによって彼らを魅了し、豊かな森林はかけがえのない資源となっていました。そのような背景から北欧のデザインに自然のモチーフがたびたび登場し、ベッドや家具の種類の多くに木の素材がが多用されることとなったのです。

また北欧は、夏は白夜に象徴されるように夜がまったくない日があるぐらい短いのですが、その逆に冬はひたすらに暗く寒い日々が続きます。そのため、北欧の人々は長い時間を家で過ごすため、室内を居心地のよい空間にするよう努めていました。とはいえ、北欧は自然環境が厳しい上に土地も肥沃ではないですし、人々は何世代にもわたって貧しさと隣り合わせの暮らし送らざるをえません。その中で考え抜かれた北欧家具だからこそ実用性がぴかいちなのです。

厳しい環境の中で、北欧の人たちは室内を飾り立てるのではなく、シンプルで快適であることにひたすら重点を置いていきます。北欧で名作とされる北欧家具や北欧雑貨も、すべて装飾的要素が省かれた質素なものがほとんどです。しかし、そのデザインはフォルム自体が美しく構成され、素材の持ち味最大限にまで活かしてあり、見るものに磨き抜かれた宝石のような美しさを感じさせます。

実用性に関しては言うまでもなく、北欧家具や北欧雑貨はその高いデザイン性で強く人を惹きつける魅力もあります。やはり、長く使ううちに段々とよさが伝わってくるような「その物の良さ」といった部分が真の魅力ではないでしょうか。ソファベッドの選び方に覚えておきましょう。

北欧家具のデザイン史

北欧家具のデザインはドイツに色濃く影響を受けています。1920年代以降、ドイツの美術学校バウハウスや建築家ル・コルビュジエなどに端を発するモダニズムの波は、北欧各国にも届きます。

デザイン界におけるモダニズムというのは、工業製品や建築の合理性を追求し、生産効率と機能の向上を目指す運動のことで、20世紀前半の工業化とともに世界中に広まってくのですが、その合理性を追求するという主題は豊かな伝統や地域色が失われてしまうことにも繋がっていくのです。

このような大きな流れの中で北欧デザインは、モダニズムを消化しながらも、それを北欧の生活感覚や伝統的なデザインと融合させることに成功しました。ソファのデザインもこのころから少しずつ変わってきました。それにより、ベッドやソファベッドの種類が増えていくことになります。

もともとあった、質素倹約の精神に、あらかじめ合理志向が含まれていたということも原因だったのかもしれません。ともあれ、この過程を経て独自のスタイルが洗練されていき、1950年代前後に多くの優れた家具デザイナーが現れて、北欧家具の黄金時代が到来することになるのです。
近年では、『IKEA』や『マリメッコ』などの北欧雑貨・インテリアのショップやプレゼント雑貨、ギフト雑貨通販サイトがふえており、日本でも人気のスタイルといえるでしょう。ビビットカラーをつかっているのにうまくレトロ感をかもしだしている北欧雑貨はどこかぬくもりを感じ、スタイリッシュさも備わった新しいジャンルとして確立しているのです。

Favorite

最終更新日:2017/2/24


北欧家具を知ろう

国別の家具の魅力

その他