北欧家具の基礎知識

まずは、北欧家具の魅力を理解する為にも、北欧家具の文化と関係を見て行きましょう。

日本と北欧家具

始めに北欧家具と日本人の関係を少しだけ述べておきます。最近になって人気が出てきたと思われがちですが北欧の家具は、50年代の頃からから日本人に好まれてきました。昔から日本人は昔から北欧家具、特にソファが好きなのです。ソファこそ洋風!!という気がしますもんね。

自然にインスピレーションを得た工芸品は、日本にも多いのですし、木という素材に対しての親しみや、純粋なフォルムが尊ばれることも、北欧と日本で共通した感覚です。実際に日本の家具デザイナーが、北欧の家具をお手本に家具を作っていたことも少なくあったようで、このような背景からも日本の生活空間と北欧家具の相性がいいことは間違いないでしょう。また最近では、癒しブームも手伝ってリビング等のインテリアソファに北欧の家具が日本の環境の中で清涼剤のような役割を果たすということで人気が高まっています。

また、現在の日本は生活環境の向上とともに、インテリアを構成する素材や設備が人工的になりすぎている傾向にあります。それは清潔でソリッドな印象でかっこよく、それなりに快適ではあるのですが、時に息苦しさを感じてしまうことがあります。しかし北欧の家具には、どこか人間的なところがあり、自然に近い要素があります。日本人には、いかにも、贅を尽くしたという派手なデザインよりも、どこかホッとさせてくれる北欧家具のようなデザインの方が合っているのかもしれません。

北欧文化から生まれた家具

北欧家具は、長く厳しい冬を過ごす必要のある北欧の人々が一年の大半を家の中で暮らすという、彼らのライフスタイルから必然的に生まれたものといえます。このような生活に馴染むよう装飾などをできるだけ押さえ、長時間、家の中で快適に過ごす為に、家具には飽きのこないシンプルなデザインと、機能的で長く愛用できるように設計された実用性が求められたのです。

自然な素材感を前面に出して飾り気のない北欧家具は、派手には見えないのですが、逆に、そのシンプルなデザインは、他の家具とも簡単に調和がとれて合わせやすいというのが人気の理由の一つになっています。そしてシンプルがゆえに、長く飽きずに使い続けることができるデザインと、抜群の耐久性をもち、使い心地が良いといった実用性も、世界中で人気の大きな要素でしょう。

北欧家具はそのシンプルなデザイン性が、日本の家やインテリアにもなじみやすく、買い足しても他の家具とのコーディネートがしやすいため、さらに気が高まっています。ソファベッドの通販などで、欧米家具を購入した人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。デザインに惹かれて買った人も、使うほどに分かるその座り心地の寄さや、寝心地の良さ、使い勝手の良さを実感して長く使っていきたくなるのが北欧家具の良いところです。

北欧家具はシンプルなデザインですが、カラーはホワイト、レッド、ブルー、イエロー…などのビビットカラーがメインになっていて、北欧雑貨の中でも人気の動物雑貨は子供にも大人にも好まれています。キッチン雑貨も可愛い物が沢山あります。是非北欧スタイルにするなら家具と一緒に雑貨を見てみるのもいいです。

昔ながらの手工業の伝統とその技を駆使し、熟練の家具職人が丁寧に手作りする北欧家具は、値段的にも決して安くはありません。しかし、すぐに壊れてしまう安い家具をいくつも買い直すよりも、良い素材で丁寧に作られた北欧家具を使い続ける方が、長い目で見るとよいのではないでしょうか。かくいう私もソファを持ってたりします。

また前記のとおり最近では、エコロジーやスローライフブームも手伝って、人気がますます高まって来ています。日本でも大手の輸入家具店での取り扱いはもちろん、北欧家具専門店も、果ては有名デザイナーだけを取り扱う専門店までが続々とできているのです。そのおかげもあってか価格も年々落ち着いてきて、かつては職人技で高額だった北欧家具も、お求めやすい価格になってきています。今なら、在庫のセール品をねらったり、ユーズドアンティークの北欧家具を探せば、かなり安くなっていると思います。

pickup

表参道のまつげサロン

ウィッグ 通販

SEO対策の見積もりを出す

2017/7/21 更新


北欧家具を知ろう

国別の家具の魅力

その他